馬鹿やってるときが一番幸せ

馬鹿なことやってる時って幸せですよね!仲間とかと馬鹿騒ぎしたり!自分の打ち込める事をやったり!ここではバスフィッシングやエリアトラウト、テンヤ真鯛や、ライトショアジギングについて書き綴っていこうと思ってます。よかったら立ち寄って見てください!

この1年!ご愛読頂きありがとうございます!

皆さんこんにちは!どうも、僕です!

この度は、馬鹿やってるときが一番幸せをご愛読頂きありがとうございます!

過ぎてしまいましたが(笑)

1年前、初めての釣り記事を書いたのがこれ!


7月28日 テンヤ真鯛in飯岡梅花丸 釣果 - 馬鹿やってるときが一番幸せ

懐かしいですね!

まぁもう完全に1年過ぎてますが(笑)

ここからたくさんの記事を書きました!

七割はテンヤマダイばっかりだったと記憶しております(笑)

今でもそんなに大きなブログではありませんが、当時は一週間に10人程度の今にも潰れそうなブログでした(笑)

誰に見られてなくてもいい!

これは当時の僕を振り返る、セーブポイントと思いやってきました!

今では一日100件程度のアクセスのある、極小ブロガーに成り上がりました(笑)

これも、皆様のおかげです!

ありがとう!!

本当にそう思っています!

少しずつ増えていくアクセス数をいつもの楽しみにしていました!

それが今日まで続けられたエネルギーになっていたのは間違いありません!!

多分半年ぐらいで辞めちゃうんだろうな・・・・って思っていたので(笑)

いまだにこのブログの読者登録者は

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

調べたら!!!

一人いました(笑)

 

僕はその一人の方の為に書いていると言っても過言ではありません(笑)

 

でも、いいんです!こうして、アクセスしてくれる方がいて!幸せです!!

結構秘蔵記事を出したけどそれだけ見られていないって事ですからね!

このブログを読んだことのある人はきっと得してますよ(笑)

多分ね(笑)

読んでくれた人が、読まなきゃよかった!

って思わせないように、ボチボチ書いていきます(笑)

これからも、よろしくね(笑)


f:id:zig-hiroking:20170809193550j:image

 





 

2017年8月6日 SBTC第3戦

皆さんこんにちは!どうも僕です!

今回はSBTC第3戦に参加してきました!

第3戦Case Of 僕をご覧いただこうと思います!

その前にSBTCとは?

将監川バストーナメントクラブ

と言いまして!そうです!僕が起こしたトーナメントクラブです(笑)

随時、トーナメント参加者を募集しております!トーナメントという特殊な環境下で己の持てる技術を駆使し、仲間と競い合う!

そして、参加者はみな、暖かい人達ばっかりです!釣り会みたいなもんですね(笑)

トーナメント経験者も、興味はあるんだけどちょっと大きな大会に出る勇気がない!なんて人もトーナメント入門としては最適な場所だと思います!

帰着、計量後の釣果報告会は目から鱗ですよ?新しい釣り方を見つける!新しい引き出しを作るチャンスの場です!

ご興味がありましたらご連絡ください!

ミクシーの方でもページがございますので、そちらからでもOKです!

 

さて話がそれましたが、当日は5:30フライトだったので、5:25からミーティング開始、30分からレンタルボート勢のフライトが始まりました!5分遅れで、エンジン艇のフライトです!以外と5分遅れというのは致命的で、将監川クラスだと近場のポイントは既に入られてるパターンが多くキツいのはあります(笑)


f:id:zig-hiroking:20170807165725j:image

SBTCのトーナメントエリアは利根川全域~各流入河川と決められていますが!バスボートでも利根川全域を回るのは無理だろう!

レンタルボートでは将監川と長門川で精一杯だ!だからポイント争奪戦でもあるわけですね!それの他に一般アングラーはもっと速く出船しているわけで(笑)

まぁ簡単に言うとその中で釣ってきなさい!ってことです(笑)


f:id:zig-hiroking:20170807165915j:image

朝一番霧(笑)

そして涼しい・・・・・

トップしかないでしょ!と言いながら手に取ったのはテキサスリグ(笑)

 ロッド:カレイドデジーノクオッドライト

リール:07メタニュウムmgベイトフィネス仕様

ルアー:ゲーリーファットヤマセンコー4in3.5g

    テキサスリグ

もぅね!プラも入ってないし、ここに浮かぶのが1年ぶりぐらいなんだから(笑)

やることは一つ!カバー撃ち!

とりあえず手当たり次第カバーを丁寧に入れてパターンを見つけるのしかない!

後から聞いた話だがここで大きな間違いを起こしていた!

これが勝敗を分ける決め手になっていたのは、この時の僕は気付くはずもなかった!

それは餌だ!

この時期川にはボラ子のちょっと成長したのが多く!主な捕食対象はベイト類だと予想してファットヤマセンコーをチョイスしていたのだ!

いつもなら間違いなくクロー系ワームなのだが、この時は違った・・・・

しかし、朝早い段階で良型のバスが釣れた!

浮き草の絡むポイントだ!

手前を攻めているときに浮き草がヌラっと動いた!何か魚がいると思いアプローチ!

一発で出た!40位の840g!そうなると!

もうこのパターンが主軸になる!

その時は!あー!エビもいるねえーぐらいしか思ってなかった(笑)

ここで問題が!それはバレットシンカーだ!

シンカー入れを確認したところ3.5gしか入ってない・・・・・

予備の袋を確認したところ・・・・・・・・

 

 

やっぱり3.5gしか入っていない(笑)

 

どんだけ3.5g好きなんだよ(笑)

そうなると、あまり深い浮き草の中にねじ込む事が出来ない・・・・・

ポケットが開いているということは大体みんながルアーを入れている(笑)少しでもねじ込めそうな所から入れて一度底まで落とす!

そして、リフトアップして浮き草の所で一度引っかかるので、そこでシェイク!

これが今回のアプローチのベース!

そのベースを基にちょっとずつ変えてやっていく!それで、ポンポンとリミットメイク!

しかし、最初のバス以来良型が入らない・・・・・

7時の段階でリミットは揃っているので、入れ替えをしていかないと勝負にならない!

しかし、同じ事をやっていたので、釣れる魚は同じようなサイズ(;´д⊂)

朝一番で獲れた魚がよかったせいもあり、これに固執してしまったのも、事実。

リミットをしているので、勝負に行こう!と決心したのが9時頃の話!

その時、将監川の上流に向かうトンネル手前まで来ていた!

別れ道だ!

勝負しに最上流に行くか!

勝負しに長門川へ行くか!

そんな時、ふと水の流れが変わっていることに気が付いた!朝の段階では川の流れは逆流していのだが、この時には水が引いていたのだ !この事より、上流を捨てて、長門川に入る事を決心した!

それは、長門川と将監川の連絡水路が気になっていたからだ(笑)

みんなは水の流れが緩いときの方が魚が釣れる!と言うのだが、俺は逆だった!

連絡水路を下っていくと一つ橋がある!

そこの下流オーバーハングだが、あそこは橋の前後が広く橋の下は狭いので流れ方が急になるそして、急になった流れはまた同じ位の川幅に戻ると左右に広がり、そこに反転流を生みだすのだ!そしてそこにはオーバーハング、の下にはレイダウンがあり!何気ここは複合ポイントとなり、一等地なのだ!

だらだら書いたが、簡単にいうと、

そこは水通しがよく、強い流れに勝てないベイトやエビ達が休める反転流に絡むレイダウン!そうなればバスもそこに寄ってくるのだ(笑)反転流に勝てなくて流されてしまったベイトやエビ、レイダウンについている奴らを捕食しに来るのだ!

 運良くこのポイントに誰もいなくすんなり入れた!流れは将監川から長門川へ、減水傾向にある流れだ!

こうなれば、そのポイントに入っている可能性が高い!オーバーハングの根元にファットヤマセンコーをねじ込む!あとは流れに任せてナチュラルドリフト・・・・

その時、ゴンとやや雑なアタリ方(笑)

出てきたのは350gの可愛らしいバスだ(笑)

しかし、とりあえず刻みではあるが、入れ替え成功!続いて長門川に入る!連絡水路の対岸の流れ込みに入り探るも不発・・・・・

だいぶ減水しているように感じた!

長門川は減水すると潰れるポイント、カバーが多く、深場隣接のポイントには既に先行者がいる(笑)

出遅れた・・・・

めぼしいカバーは壊滅状態(笑)

水門が開いていることを祈り、キッカー水門へ!

すると、どうしたことか水門にオイルフェンスが(笑)しかし、水門は開いているようでそこだけ渦をまいていた!

少し運悪く僕が入るちょっと前に上流から釣り降りてきたアングラーが水門ルアーを入れている・・・・・・

とりあえず、ここはボトムにゴロタが絡むポイントで、ほとんどの人が水門に目がくらみ水門の中だけを打ってしまう!さらに悪いのは水門を打つために、ゴロタがポイントの真上をボートがトレースしなくてはいけないということだ(笑)自らポイントを荒らしてしまうのだ!

ちょっとガックリ来た・・・・・連絡水路対岸をやらなければ僕の方が先にポイントに入っていただろう・・・・・・

その影響だけではないと思うが当然、アタリは無かった・・・・・

この時点で残り2時間・・・・・

もう、僕に残された選択肢は将監で釣りきるしかないということだ!まだ打っていないポイントがいくつかある!移動時間、帰り道も考えるとそんなに出来ない!

とりあえずその中でも深場隣接のポイントに絞り、鈴木ボート跡に入ることにした!

一気に!何処にも目もくれず!一気にポイントまできた!実はここのカバーも以前ほどではないが期待は出来る!

しかも、水深もそこそこあり、さらにゴロタやストラクチャーが絡む複合ポイントである!オーバーハングしたにブイがあるポイントのオーバーハング根元にファットヤマセンコーをねじ込むとこれまたすぐに乗った!

これも可愛らしいバスだ!

でも、一番小さいキーパーギリギリサイズと入れ替え成功!

そのままちょっと釣り上がり、反応がないので帰着!

ウエイインへ!

 
f:id:zig-hiroking:20170809123931j:image

 第9位 shun 45g(345g-300g)

帰着遅れにより減点

レギュレーション参照
f:id:zig-hiroking:20170809123947j:image

第8位 ヒロツグ 405g

 

写真無

第7位 shimojyou 675g


f:id:zig-hiroking:20170809124004j:image

 第6位 isao 1155g 3本


f:id:zig-hiroking:20170809124024j:image

第5位 カズ  1200g 3本

 
f:id:zig-hiroking:20170809124036j:image

第4位 ヒロキング(どうも、僕です)1425g 3本


f:id:zig-hiroking:20170809124102j:image

第3位  岩槻 1575g 3本

 
f:id:zig-hiroking:20170809124131j:image

第2位 淳一 1835g 3本 

BIGFish 965g


f:id:zig-hiroking:20170809124150j:image

優勝 ケンジ 1890g 3本 

こうしてSBTC第3戦が幕を下ろした!

この後の各々のパターンやポイントの説明は本当に勉強になる!

内容は秘密(笑)

ただ分かったのはみんなプラに来ていたときは、艇王?が開催されていた時だったらしい!三位の岩槻君なんかは、完全にプラキング(笑)青木大介プロの後ろでキッカーを獲ったとか(笑)青木大介プロにウェイトで勝ったなんて秘話も(笑)

ただ、全体的に言っていたのはポイントは変わってないもののサイズが変わった!

とは言っていた!なにが起こるかわからない!それが自然相手の遊びだから面白いよね(笑)

今回は長々とお付き合い頂きありがとうございます!

皆さん、熱中症に注意してくださいね!

今回はこのへんで(笑)

全てのアングラーにステキな出会いがありますように!!

2017年7月20日 岩和田港長栄丸リベンジ

皆さん!お久しぶりです!

そうです!どうも僕です!僕なんです!

 

ということで、久しぶりの更新になってしまいました!

ツイッターではちらっと書いたのですが、前週に霞ヶ浦水系の現場調査に行ったんですが、これと言って面白い事も無く(笑)

次回につなげるための資料集めみたいな感覚だったので、記事にしませんでした!

そして、今週!と思っていたのですが、気がついたらタイラバに行ってました(笑)


f:id:zig-hiroking:20170721123439j:image

こんかいはここ!

御宿岩和田港長栄丸さんに去年の暮れに行って撃沈したので!リベンジに行ってきました!

集合は4:30!しかし、船長はあえなく寝坊(笑)

常連さんに聞くとたまにやらかす!とのこと・・・・・オイオイ

中乗りさんも来て準備していると起きてきた(笑)

なんだか、緩いなぁ(笑)

今回は自分を含め4人+中乗りさん+船長!

チャンスは充分にある!

受付、支払いを済ませて港まで歩く!

すると、4人の内2人組がなぜか軽トラの荷台に乗って港まで・・・・・

そんなの有りか(笑)?

有り無しで言うと有りみたい!

トコトコ常連さんと話ながら船着場に到着!

今回はモトに場所を取った!

ここはドテラ流しをする釣り船だ!

だからそんなに釣り座に大きな影響はないと思うがゆったり出来る上に移動中濡れにくいのでここしかなかった!


f:id:zig-hiroking:20170721124405j:image

さぁ出船!出船時は初夏の清々しい朝だった!風のせいか、気持ち肌寒いくらいだった!

海は凪とても外海とは思えないぐらい穏やかな表情を見せていた!

30分位航行し、最初のポイントに到着。

水深50mのポイント!

僕の中ではタイラバは最低30mはないと選択しない!前回は10~前後もやっていたのでその時は驚いた(笑)

船長がアナウンス!タイラバ100~150でスタートだね!みたいなことを言っていたのでちょっと不思議だった(笑)

後で聞いてみると底を取れないと釣りにならないから!らしい!

確かに外海は流れも速く二枚潮だったりもするからセオリー通りの選択は出来ない場合もある!

でも外海でテンヤをやるときは50mなら、8~10号位の選択だと思っているので、100gはやりすぎかなって(笑)

速く落としてリアクションバイトを取るという意味では有りなのかもしれないが疲れちゃうさ(笑)

でも周りが100gを選択している以上自分も選択するしかない!自分だけ軽いと周りとお祭しちゃう可能性が大きくなるからだ!

アプローチ開始!

まぁーこれが全くアタリがない(笑)

イロイロ色を変えアプローチするが海には異常がない・・・・・

嫌な予感しかない(笑)

同じぐらいの水深のポイントをちょこちょこ移動しアプローチするも全くアタリがない・・・・・

マジか・・・・(;´д⊂)

すると、次にポイントに入り直したエリアが根の絡むポイントらしい、探見丸とにらめっこしているとそれらしい物が映る、そしてそれに絡む魚の反応!そこめがけてアプローチ!

巻いては落として!巻いては落として! 

ちょこまかアクション入れたり・・・・・

しかし、私のロッドはしなることはなかった!

そのチャンスを物にしたのはミヨシに陣取っていた人だった!

根に絡んでいたベイトを捕食していたのはマハタだったようだ!!

・・・・・・いいなぁ・・・・・・

ふと思ったんだが、ラインがほぼ真下に落ちるんです・・・・・

ドテラ流しって風と潮の流れをもとにポイントに向けて流していくやり方だとおもうのだが・・・・・流れてなくね?

むしろ、エンジンで流しているような???

そうすると圧倒的に不利なんだが(笑)

そう思ったら、真下に落としていると釣れないのでは!?なんて気持ちが芽生えてきて(笑)

タイラバ投げよう!!なんて気持ちになるのは必然だった!

水深は50~60m!これなら60gのタイラバで底は取れる!ライトショアジギングロッドを持ち込んでいたので、そちらでキャスラバ(笑)

とりあえずぶん投げて底取りからのリトリーブ!

10巻してはボトム取り直しての繰り返し!

それを繰り返していると、なんとも脆弱なアタリが、そのまま巻き合わせで引っ張り出す!水面に顔を出したのが.....

20cm位のカサゴちゃん・・・・・・

ありがとう!!ボウズになるところだったよ(笑)

その後も続けるが無反応・・・・・

なんだこれ・・・・・・?

帰着の時を迎えた!

船宿に向かう途中、秋栄丸の船長が声を掛けてきた!どうやら長栄丸の船長とは親戚みたいだ(笑)

話を聞いてみると、コマセ真鯛らしいんだけど、どうやら爆釣したようだ(笑)

一人頭5~8匹の真鯛とヒラマサ2~3匹は獲ったらしい・・・・・なにそれ(笑)?

今年はルアー(テンヤ、タイラバ)は全くの不発らしい・・・・

まじか・・・・・・・

片付けを済ませてちょっとお腹がすいたので、岩和田港のそばには御宿海水浴場がある!!もう梅雨も明けて海水浴シーズンなので、海の家にご飯を食べに!!


f:id:zig-hiroking:20170722173946j:image

定番だよね!焼きそばとイカ焼き(笑)

そして大して美味しくない(笑)


f:id:zig-hiroking:20170722174049j:image

御宿海水浴場はすごく綺麗な海水浴だと思う!

そんなビーチをみていたら・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

無性に海水浴したくなった(笑)

よし!行くっきゃない!!

ということで海水浴をしてきます!!


f:id:zig-hiroking:20170722174239j:image

今回は写真のとおりお手上げです!!

長栄丸では二回目のお手上げ写真(笑)

僕はここと相性が悪いのかな?

多分下手くそなだけだろうなぁ(笑)

 

今回はこのへんで終わりにします(笑)

また近々お会いしましょう!

全てのアングラーにステキな出逢いがありますように!!

2017年6月22日 ちょっとそこまで行ってくるわ(笑)

皆さんこんにちは!どうも僕です!

今回はちょっと予定が入ってて久しぶりに近場にバスフィッシングに行ってきました!

場所は埼玉県が誇る巨大河川!荒川!!

近年、良くも悪くもスモ★☆★ウ☆が大繁殖(笑)ス☆★ルマ☆ウのメッカになりつつある、荒川・入間川エリア!

今回は☆★☆マウスではなくラージマウスを狙ってポイントに入りました!

入ったポイントはびん沼川放流!

ここは水深もあり、流れもあり、ストラクチャー等もある大場所です!

また、魚影も濃く、鯉、へら、ボラ、ナマズライギョ、バスと多種多様にいるポイントです。

なぜ、ここか?から話すと前日の雨が秩父の山に降っていたとしたら、翌日は荒川全土で濁り、速い流れがあると予想して、魚が入りやすいポイントということで、数あるポイントのなかからここを選択した!

当日は実働2時間程度しか出来ないので、ここの一本絞り!

と、その前に腹ごしらえ(笑)

はい!久しぶり食レポ行きますよ!

今回お邪魔したお店はこちら!


f:id:zig-hiroking:20170623083431j:image


f:id:zig-hiroking:20170623083602j:image

沖縄料理家 屋いち 埼玉本店

浦所線から南古谷まで伸びてる131号沿いにあるお店!ちょっと前から気にはなっていたので勇気を出して入ることに!!

実はソウキソバが結構好きなんです(笑)

当然頼んだのはこれ!


f:id:zig-hiroking:20170623083930j:image

 ソウキソバ~¥860円

ちょっとお高いかな(笑)

味の方は申し分ない!豚と鰹がマッチ!

ソウキが美味い!肉トロトロの軟骨フワフワ(笑)

紅しょうがを加えてアクセントも・・・

いいね👍

駐車場はちょっと入りづらいけど

ぜひお試しあれ!!

 

さて、さて、ポイントに入ります!

到着したのは14時頃、水路はへら師の列で入れないので、インターセクション部が誰も入ってなく、ちらほらバスアングラーがウロチョロしている状態、入りたかったポイントが空いていたのでよかった(笑)

ここは水深もあり、最深部で5m位ある。

インターセクションで違う水がぶつかり合う

 そして、ボトムにはゴロタが入ってる。

今回はテキサスと保険のスピニングで挑む!

とりあえず投げてボトムを丁寧にトレース!

ゴロタを乗り越え落とすをデッドスローに繰り返す!中層をクランクやミノーで巻けばスモールマウスも混ざるが、今回はラージマウス縛り!ラージの狙い方でやる!

ボトムには全く反応がない(;´д⊂)

すると、近くにいたカップルアングラーは巻き倒している(笑)

あたった!!これは多分バスじゃないアタリー!なんてハシャイでいる!

平和だなぁ~(笑)

リア充だなぁ~!彼氏羨ましいなぁ~(笑)

なんて思いつつ、持ってきているのはこれだけなので、これをやり切るしかない!

対岸のカバーへキャスト!テキサスなのでそのままカバーへねじ込む!チョウチンの状態でアプローチ!反応がない!!後でそこも行ってみたがどうやら、水深がない!20㎝位しかない。それでもカバーへ入っていたら釣れる時は釣れる!

そうしていると対岸にさっきのカップルアングラー登場!

ゆっくり巻いていればアタル!!多分30㎝のアタリ!!彼女が騒いでいる!!

 

・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

!!!!!????

スゲーな巻物のアタリだけでサイズが分かるらしい!

きっと年間500匹ぐらい釣っているんじゃないのかな(笑)

それに比べて私は(笑)

確かに、小さいのと大きいののアタリの差は分かるが!さすがにサイズまでは、僕じゃわかりませーん(笑)

そんなこんなしているうちにふと、足元の小規模カバーが気になった!ちょっと覗いてみるとゴミが溜まっている!

ゴミの上にピッチングで入れる!!

ゴミから引っ張って水面に落とす!

その瞬間ラインが走った(笑)

カバーから引きずり出す!

※引きずり出せるサイズ(笑)



f:id:zig-hiroking:20170623124314j:image
あれ?写真がまっすぐにならない(笑)

まぁこれまた可愛いサイズ!

きっと君は水がいきなり濁って不安だったんだね(笑)だからゴミに寄り添うようについていたんだね!

これはよくあること!

人間もいきなり視界が暗くなり奪われると壁際や、なにかものにつかまりたくなるのと同じで、魚もいつもより濁って視界が奪われたり、流れがいつもより速くてついていけない小さい個体は流れがストラクチャーやカバーに当たり緩やかになった場所やそれこそ今回みたいなゴミだまりなどに着きやすくなる。

なんにしてもとりあえず狙い通りのラージマウスゲット(笑)

久しぶりバスに嬉しくなっちゃった(笑)

本来ならいつも行く場所があるのだが、護岸工事をやっている関係でポイントが壊滅しているのだ(;´д⊂)当分バスはあそこには入らないだろう!

 

今年も多分バスに行く機会がそんなに多くないと思う(笑)

だから一つ一つの出会いを大切にしたい!

そんな事を思う穏やかな休日でした(笑)

今回はこのぐらいで(笑)

全てのアングラーにステキな出逢いがありますように! 

 

2017年6月15日 とみ丸チャレンジ

皆さんこんにちは!

どうも僕です!

さて今回はホームとも言えるだろう!

そして、僕のテンヤ真鯛、タイラバの歴史のほとんどに登場する船宿!とみ丸さんに午前船でお邪魔してきました!

出船は5時!いつもなら0時には出発して釣り座を確保するのですが、当日はなぜかスッタレてて、出発が2時(笑)到着が4時でした(笑)

すでに仲間は到着していたのだが、場所がわからずウロウロしていたみたいだ(笑)

到着するとすでに明るくなる雰囲気があり、一日の始まりを実感した。

釣り座は右舷ミヨシ!

こことみ丸さんはパラシュート流しを主としているため、ミヨシはアプローチ順としては最後のほうだ。モトは既に取られていた(;´д⊂)

そりゃそうだ!いつもは釣り座確保のために早く来るんだもん(笑)


f:id:zig-hiroking:20170616123530j:image

さて、出船時間になり、ぞくぞくと集まり始める(笑)

乗客は平日なのに8人位いる(笑)

さすがは人気船宿!

さぁ出船時間時間だ!

川津港の特徴としては起伏が激しい土地柄と言えるだろう!

川津港から出て15分も走れば水深60mもあるような所に着く!シャローからディープまで幅広いポイントを攻める事が出来る!

これは大原や飯岡ではそうそうないと思う。

この地形変化がもたらす恩恵は計り知れないだろう。


f:id:zig-hiroking:20170616125444j:image

朝一は60~40mへの緩やかな変化のあるポイント!

水の濁り具合はすごくいい!

しかし、どうやら潮が殆ど流れていないようだ!

とみ丸さんはポイントに入る前に一度潮の流れを確認してからポイントに入る!

パラシュートを流しをアプローチ開始!

10号カブラから始める!

案の定アタリが殆どない・・・・

僕らよりモト側の人は餌取りの反応はあるようだ!モト側と言ったが、僕と隣の人の間には2人分の釣り座がある。

そこまではアタリがあるようだ!

不思議なもんで、右舷、左舷ミヨシはアタリが殆ど無いようだ(笑)

ラインが船首にむかって流れていく、これを見ても解るとおり、船は後退している。と言うことはパラシュート流しにおいてミヨシはみんなが叩いた後のポイントをアプローチするようになるのだ!よってポイント到着後の1投目位しかフレッシュなポイントを攻める事が出来ないのである。

しかし、前の人が攻めたポイントでも、1m単位で着底させているわけではない。

だから、今回の場合は入れ替えが早い!

底立ちさせてシャクってステイ、シャクってステイを3~4回で回収!そして投入!

それでも、あたりなんて殆ど感じない・・・・・

どうなってるんだ!

それどころか、僕より2人後ろのオッサンとお祭りをしている・・・・・

ん?

まてまて!船は後退しているから、前の人とお祭りをするときがあるのは分かるが、なぜ2人前の僕だ?更に言えば僕と隣のオヤジの間は2人分空いているんだぞ?

まぁ、簡単に言えば周りの事を気にしない奴なんだ・・・・そのオヤジは、テンヤを投入してからずっと回収しないでアプローチし続けている。だからお祭りするんです!

そんなこと言っても仕方ない!と思っていたら・・・・・・今度は隣のオヤジのも(笑)

おまえら・・・・・2人そろってそうかよ!

それどころか、隣のオヤジは僕を通り越して先頭の友達とお祭り・・・・・

僕らは!オヤジの猛攻に合いながら釣るしかない状態(笑)

 

ま、まさか、これが狙いか!?

なんて思いながら集中出来ずに釣りをしていると、初めての反応!!

竿先に自分や海のそれではない、他の生命の反応!

・・・

・・・・

・・・・・・

多分・・・・・ウマヅラパイセンに違いない(笑)

僕は正直ウマヅラパイセンは好きだ(笑)

フグの仲間だけあり、美味い!

正直持って帰りたい位!外道としては上等だと思う(笑)

しかし・・・・

乗らない、いや・・・・乗せられない(;´д⊂)

奴らは餌取り!その名に恥じぬ餌取りの名手だ(笑)

 

そんななかで、違う反応をメタルトップは捉えた! 

久しぶりの海だが、先週トラウトをやってきただけあり、体が違和感を感じる刹那に合わせている!

どうやら、メタルトップが示している反応を脳みそが認知し、体に合わせろ!!の命令を出す前に、体が、腕が動き出している感覚(笑)実際はそうではないのだと思うが、

釣りをしている人ならそんな感覚を感じた事があると思う!

と、ダラダラ期待を持たせて書いたが!

釣れたのは

・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

カサゴ(笑)

 

ッコワ!!

 

『奥さん!聞いたぁ?あそこの鬼カサゴさんどうやら毒あるらしいわよ?』

『えー?ほんとぅ?怖いわー』

なんて会話はそこには無かったがちょっとビビった(笑)

大船長が一言!

刺されたら痛いぞぉ!熱湯かければ痛みは引くけどなぁ!口持てば大丈夫だよ!

僕がねいくらバスアングラーだとしても、さすがに鬼カサゴ先輩にバス持ちはビビります!素手ででしょ?若も大船長もゴム手袋してんじゃん(笑)頼みます!

そうしているうちに、若が毒のある先っちょをハサミでパチンパチン(笑)

毒部撤去完了!改めて見ると・・・・・

さ、さすが鬼カサゴ先輩!顔がアヤメやハチカサゴと違い!凜々しい!!ゴツイ顔してる!

ポイントを変えてアプローチ!

それでも、釣れるのは・・・・・

鬼ちゃん先輩(笑)

サイズが小さいためリリース!

ちゃんとお家まで帰れただろうか?

底にいる魚はその深度、水圧に馴れているため、釣られて浮上してくると浮き袋が膨らむ!そのため自力では元の水深まで帰れないのである。ブラックバスでも、ディープの釣りをするときがあるが(いっても20m位まで)そこから引きずり上げた魚は戻れない、へたしたら水深5mでも、底にずっといる魚は浮き袋が膨らむ!

じゃあどうしたらいいか!?エア抜きをしてあげる必要がある。もしくは少し馴らしてから戻してあげる。そうすればちゃんと帰れるだろう・・・・・心配だ!帰れたかな?

何度かの流しを終え終盤!!

この日初めての魚が吸い込む様なアタリ!

明確に手に感じるアタリがあった!

合わせると、今までの鬼ちゃん先輩の引きとはちょっと違う!重さがあり、ドラグが!出ている!しかし、正直に言うと、それは鯛のそれではないのは明白。

しかし、ちゃんとした引きに心踊る(笑)

安いリールだが、EMMSのドラグシステムATDは安心感しかない(笑)

急なツッコミにも緩やかに対応し、出されすぎない! 低価格帯のリールにまで、搭載しているなんて・・・・・ダイワさん!やるねぇー!

と、ダイワさん製品の売り込みもしておいて、いつでもオファーが来てもいいようにしておく(笑)※絶対こないな(笑)絶対!

そして、あがってきたのはこれ!
f:id:zig-hiroking:20170617223818j:image

マハタちゃん!

すっごい久しぶりに釣れた!

もうね、二年越しだよ!恋い焦がれたよ!

ま、まさか!?お前はこないだ釣った


f:id:zig-hiroking:20170617224053j:image

こいつが成長したやつでは!?

多分違うが、いや、絶対違うが!

お帰りなさい(笑)

そんなこんなで、今回の見せ場はこれぐらいしかない(;´д⊂)

毎年スロースターターだから、気にしていないのだが!今年に入ってまだ!真鯛に触れてない(笑)

そんなもんだ(笑)


f:id:zig-hiroking:20170617224319j:image

さて、今回のお持ち帰りはこの二匹にしました!

美味しくいただきます!

 

長々とそして、ダラダラと書き綴った今回だが、お付き合いいただきありがとうございます!

また、次回お会いしましょう!

全てのアングラーにステキな出逢いがありますように!

 

2017年6月8日 308CLUBリベンジ

皆さんこんにちは、どうも僕です!

今回はエリアトラウト、308Clubさんにお邪魔してきました!

まず、今回なぜリベンジか?の所から話していきます。

ちょうど1年ぐらい前に308さんに初めて行きまして、8時間で30匹位しか釣れず撃沈・・・・苦手なポンドでした(笑)

話に聞くと数釣りの出来るポンドと聞いていただけに完膚なきまでにやっつけられました(;´д⊂)

それから1年・・・・・どこまでやれるのか!?

 

ここで、308Clubさんを紹介させていただきます!


f:id:zig-hiroking:20170609125710j:image


f:id:zig-hiroking:20170610063019j:image

 

ここは308Club、408Clubともに栃木県矢板市にあります!矢板インターからそんなに遠くなくて比較的行きやすいポンドです!

7:00~開始です。

308Clubさんは408Clubさんの姉妹店として小型~中型のレインボー、ロック、ヤシオマスがいます。

1日券お持ち帰りありで、4000円

1日券お持ち帰りなしで、3500円

半日券で3000円、イブニングで2000円です!

そして、308・408共通券で5000円です!

308Clubのレストハウスは食堂もあります!

おすすめはサクラマス天丼だそうです!

当日は管理人がおらず、応援のおじさんしかいなかったので、食べられませんでした(笑)

 

さて、当日は6時半に到着(寝ずにいってやったぜー(笑))

おじさんと話しながら情報収集、昨日フライで半日券で200はいってるお客さんがいたよー

・・・・200?本気か!?

確かに、ルアーとフライじゃ・・・・・

これは言い訳になるからそれ以上は言わないが、本気か!?

どうやら魚は上ずっているようで、沈めると反応はほぼない。ルアーならクランクでの釣果は出ている。

基本的にお客さんが沢山いないと放流はしない。ヤシオマスなどの中型のマスはゴールデンウィークからの居残りだからスレていて口を使わない!

上記をまとめると残存マス相手にサーフェスレンジの勝負になるがスプーンの反応はあまりよくない。マスに口を使わせるには一工夫必要だ。

とりあえず初めてみる!水はクリアウォーター!

前にも説明したが、とりあえずオレキンノアJrから始める!

カラーチョイスとタクティクス参照(笑)

http://zig-hiroking.hatenablog.com/entry/2017/02/17/082606

サーフェスレンジからサブサーフェスレンジをトレース!チェイスはあるものの口を使わない。

後はいつも通り、カラーローテーションで一通りやってみる。

オレンジ系に反応を示している。

口を使わないのはレンジが合っていないと判断しサーフェスレンジからトップレンジに変更!

スプーンでのトップレンジはアピールするためによく使うがどうなんだろう?

着水後直ぐ巻いて、水面をピチャッと顔出す位のスピードで巻く!

すると初めてマスが口を使った!

これか!?7時から8時の間で12匹!

スプーンでもやれるじゃん(笑)

引き続き差し色ローテーションを繰り返しながら釣れ続ける(笑)

9時の段階で35匹!いいペースだ(笑)

朝マズメはもらった(笑)

これはオレンジ系の差し色ローテーション中に関係ない色を入れることで警戒心を和らげようと思い入れたところ、ふいに口を使ってしまったトラウトパイセン!

たまにこういう個体もいる(笑)
f:id:zig-hiroking:20170609125033j:image

それにしても小型とはいえ引く!

1.5ポンドじゃちょっと心配(笑)

ドラグはユルユル、フックも頻繁に変えておかないとテンションが掛かりづらいので常に鋭利であって欲しい!って感じでした

9時を廻り反応が著しく落ちた!

スプーンに反応をしなくなってきた!

さて、ここからが勝負の明暗を分ける!

やるのは苦手なクランクでの釣りか?

スプーンで押し切るか!?

そうは言ってもやはりスプーンで釣りしかない・・・・・やるしかない!

普段あまりやらないがボトム系スプーン!

バベルでの表層アプローチ!

ここの養殖マスたちはお世辞にも捕食が上手いとは言えない!

厳密にいうと、着水した捕食物がペレットのため着水後はマス同士で取り合いになるので、俺が俺が!!ってなってしまう。そのため、水平方向に泳ぐ捕食物は追って喰えても、着水後、表水面をパチャパチャ泳がれると狂ったようにボイルをするからスプーンを口に入れることが出来ないのである!

その対策として、いわゆるマイクロスプーンなみ、もしくはそれ以上に小さいスプーンによるアプローチ、しかし小さくなればウェイトも落とすことになる。

そこで、バベルの登場だ!このバベルは当然ボトム系のスプーンならではのシルエット!

当然シルエットの割にウェイトがある!

しかしバベルは普通に巻いてもちゃんと泳いでくれないというデメリットもある!

そこはカバーしながらやる!

そして、フックサイズをワンサイズ大きいのに変更!これでアプローチ!


f:id:zig-hiroking:20170610065339j:image

これも、カラーローテーションをしながらやっていくが、問題もある(笑)

ラインが傷付きましやすくなるためラインブレイクだ!

そんなことをしながら数を伸ばしていく!!

それでも、ペースは落ちている(;´д⊂)

仕方ない・・・・・

クランクやるか!

エアーブローを取り出し、ダーク系をチョイス!もう昼近かったのでとりあえずナチュラル色からやる!あと、結構チャート系や蛍光系はいわゆる膨張色のためシルエットが大きく見えるのはいいのだが、クリアウォーターではそれが仇になる事が多い!

黒や茶色といった色は日の光に当たるとシルエットがタイトに出ると思っている!

ぼやけた物よりシルエットがくっきりしている方がなんか良い気がした(笑)

まぁいつも言うが、これはあくまでCase Of 僕!!だからそれぞれのアプローチ方法があるので、参考程度に(笑)

そしてリトリーブはデッドスロー!

ウォブリングするか!しないか!の境目ぐらいを目安に!それでいて一定速度で!!これがキモ(笑)

それでもやっぱりたまに口を使う程度・・・・・

その時!?ラインブレイク(笑)

手前2mの所に僕のクランクが浮いてやがる・・・・・(;´д⊂)

これは回収しかない!!!

すると、どうしたことだろう?

ただ浮いているだけのクランクにマスが群がりちょっかいを出している!!

・・・

・・・・

・・・・・・

!!

そうか!!

名探偵コナンなみに電気が走り答えが見えた(笑)

急いでクランクを回収!!

ヤシオマス用に準備していたタックルに持ち替え今真に回収したクランクを装着!

キャスト!さすがに4ポンドじゃ全然飛ばない(笑)

それでもいい!

キャストしアプローチは・・・・・・・・

・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・放置プレイ(笑)

 

後はマスがチョッカイを出してきてラインが走れば巻き合わせ!!

それでノル(笑)

魚は我々の様に手で探る事が出来ないから口を使うしかないのだ(笑)

そうすれば自ずと口に掛かる!
f:id:zig-hiroking:20170610132156j:image

それでもスレていて警戒心の高いマスは中々ラインが走るまでいかない。

正解ではないかもしれないけど、限りなく丸に近い三角位はもらえる答えだろう!

それで15時まで頑張った!!

結果は7時から15時の8時間で84匹!

 

リベンジ・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・

 

失敗(;´д⊂)

またしても返り討ちにあう結果となった!

栃木エリアはヌルくねぇーなぁ(笑)

 

リベンジ達成目標としていた100匹には遠く及ばなかった。

まだまだ、修行が足りません(;´д⊂)

 

今回の戦利品!!


f:id:zig-hiroking:20170610131627j:image

フフフフフ(笑)

実はこの1番大きいやつ!

ヤシオマスなんだな(笑)

見て解るとおりヤシオマスは三倍マスと呼ばれるだけあり、三倍はでかいなぁ~!

おいしくいただきま~す!

 

と、いうことで今回の釣行は幕を降ろした!

今シーズンはこれでマスは終わりかな?

後は来シーズンの今年の10頃からまたやる感じだとおもう!

今シーズンを振り返るとエリアトラウトはそこそこいったと思う!

ここの記事にしていない釣行もある。

釣果が悪かったからではなく、なんか普通に終わったり、いつもの何でもない釣行だったから書かなかった!

それを入れても今シーズンは楽しめた!

エリアトラウト、管釣りとはいえ、年々難しくなってきていると思う。

でも、それでも、気軽に楽しめるところが魅力であり、食べても美味しい!

もともと、バスアングラーである僕はオフシーズンの練習のために始めたトラウトに結構ハマったのは事実。

たまにいるんです!

『俺はバスアングラーだし!所詮は釣り堀でしょ?そんなヌルい釣りは面白くないから(笑)』みたいな事を言っている奴がいた。

そんな奴はやらなくてもいいが、そもそも、君には出来ないから(笑)と言ったことがある!それぐらい僕の中でトラウトフィッシングは大きな存在である!

今シーズンも楽しませてもらえた各エリアの方々、お世話になりました。

また、来シーズンもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

2017年5月25日 川下港浜田丸チャレンジ

皆さんこんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

どうも!お久しぶりです!僕です!

 

さて、今回は久しぶりの船釣り!

そう!テンヤ真鯛での釣行です!

今回はまたまた、デビュー戦を飾るメンバーがいまして、『何でもいいから魚と戯れる!』を目標にし、仲間(イケメン派遣社員のN君)と相談したところそれなら浜田丸にしましょう!とのこと。

浜田丸さんを簡単に説明、南房総エリアで、根魚~青物までやる比較的小さい船宿さん。

搭乗人数は10名位の船で、船長さんはすごく気さくな方でしたが!リーダー結びとかはやってくれないところなので、中級者以上向けの船宿と言っていいだろう!

昨年末、テンヤ真鯛でお願いしたところ、ヒラメの予約がすでに入っており、乗合でよければ!と言っていただいていたのですが、ヒラメの泳がせとでは迷惑を掛けるだけになってしまうので、やめた船でした!ですので、僕も浜田丸さんと初めての南房総エリアでのテンヤ釣りだったので、ある意味南房総エリア初陣だったわけです(笑)

4時集合の4時半出船の予定でしたが、船長から30分遅らせて欲しいとの連絡があったみたいで、どうやら潮の満ち引きの関係らしい!

 川下港は漁港としてはすごく小さく、飯岡港の1/10位(笑)しかも、漁港入り口は岩礁

に囲まれて酷いときは出船できないとか・・・・・

そんなこんなで出船です!

今回は我々3人だけ(笑)俗に言う貸切です(笑)


f:id:zig-hiroking:20170526100059j:image

朝一番は浅瀬を攻めるとの事!

水深10mからのスタート!

どうやら、ここは先日5kgクラスの真鯛が2匹テンヤではなくアミで上がった所らしい!

ノッコミだと思う。浜田丸さんは探見丸は装備していないというので、ロッドに伝わる感覚だけで水中をイメージしなくてはならない。初めての所では結構怖い(笑)

無くなるのは必至だろう!一応船長さんから根があるとは言われていたが、しゃくる度に根に掛かる(笑)

そして、ここもエンジン流し・・・・・

未だに、エンジン流しに苦手意識がある僕です!

アプローチは3号テンヤから!

サミングフォールで底立ち!

・・・

・・・・

 ・・・・・全く反応がない・・・・・・

あるのは根掛かりだけ(笑)

エンジン流しによる急な前進、後進で底立ちしてるテンヤが急に移動・・・・・

そうしたら根掛かり(笑)

軽いテンヤならでは!のキャストしカーブフォールによるフォールアクションアプローチ!

キャストフリーフォールからのアプローチ!

そして根掛かり(笑)

根掛かりはもれなく付いてきます(笑)

 

13~8m前後を再度流す!

程なくして、N君にヒット!可愛らしいカサゴちゃん(笑)

そして、またまたN君!

40位はありそうなカサゴちゃん!

さすが常連(笑)

 

そして僕にもヒット!

・・・・・・・・・これまた可愛らしいカサゴちゃん(笑)

・・・

・・・・

・・・・・

まぁ、これでボーズはなくなった!!

 

次のポイントに移動!

水深30mのポイント!

ふと思ったのだか、いつも外海にいるためか、内海は凄い穏やか(笑)

こんなに穏やかな船釣りは初めてだと思う!

 浅場でのスローな釣りから一転して6号カブラに付け直し着底10mからのサミングフォール・・・・

浅場でのアプローチと同じ事を少し早めのアプローチを繰り返す。

これは当日は大潮だったため、食性によるバイトとリアクションによるバイトを効率よく獲っていきたいと思ったからである!

 

・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・・

全くなにも反応がない

 

ここには生物がいるのだろうか?

と思えるぐらいなにもない・・・・・・

 

普段なら鯛の反応がなくてもウマだったりフグだったりという餌取りの反応はチラホラあるのに・・・・・・・

 

 

 

なにもない

 

 

 

 

小移動を繰り返し、アプローチを続けていたその時!!

デビュー戦のAさんがヒット!

 

なにか分からないがロッドがしなっている!

見る限り鯛のそれとは違うがしなっている!

 

魚体が見え、ぶち抜く!

現れたのは!

 

エソ(笑)

お前か(笑)!!

 

また小移動!その時船長から驚くべき一言が!!

 

『ウチで真鯛狙うとだいたいこんな感じですよ』

 

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

 

マジか(笑)

それ言っちゃいかんだろ(笑)

 

さらに

船長『いつも、どこにテンヤ真鯛やりにいってるんですか?』

僕『飯岡梅花丸さんか川津とみ丸さんですね!』

船長『だいたいこの時期だとどれくらいの深さ攻めてます?』

僕『!?』

僕『それを俺に聞く!?』(心の叫び)

僕『とりあえず、朝一番は浅場で15m前後を位から始めて徐々に深場に向かっていくのが定石かと思いますよ?』

船長『そうですよね』

この時点で朝7時半過ぎ、船長さんと打ち合わせ開始!!

こっちの海がわからないので、とりあえず根が絡む場所的で、浅場に行きましょう。

潮の色を確認出来ればいいのですが!

そればっかりは行ってみないとわからないので、とりあえず行きましょう。とお願いし、移動!

到着したのは10m前後のポイント、本当は20~15m位が良かったのですが、朝の時点で鯛には出会えなくとも魚には出会えているので・・・・

それが甘かったんですね(笑)

ノー感じ(笑)

これ以上知らない海で鯛を狙うのは危険と判断し、予定通り根魚狙いに移行!

おみやげ狙いですね!

後は本職の船長さんにおまかせ!

入ったのは25~30m位のポイント・・・・・・

ここに来て思った!ここの方が潮が良い気がする!なんて言うのかな?少し濁りが入っているというか、澄んでいない感じ?

釣れそうな気がする(笑)

1投目から生命感がある・・・・

穂先にでるもたれが結構出ている!

合わせるも乗らない・・・・

でも、いい!

魚と戯れに来ているのだから!これでいい(笑)

次こそは乗せる!

なんてワクワク!ドキドキ!!心が踊る!その感じがたまらなく好き(笑)

二流し目!着底直後に違和感があった!ボトムに着底するやいなやラインが変な出方をしている。

糸フケをとり、合わせる!やっとまともなのが乗った感触(*´ω`*)

でも、鯛じゃなぁーい(笑)

なんだろう?やっぱりカサゴちゃんかな?

 

出てきたのがこれ!

f:id:zig-hiroking:20170527194331j:image
キジハタさん!

初めましてこんにちは(笑)

今回の見せ場はこれぐらいしかなかった(笑)

合計釣果!

イケメンN君:カサゴちゃん3匹

デビュー戦Aさん:カサゴちゃん

           エソ君

ぼく!:チャイチーカサゴちゃん

    キジハタさん

こうして、浜田丸チャレンジが幕を降ろした!

釣果としては満足のいく結果には程遠くなってしまったが、こういう日もある!

・・・・・・こういう日ばっかりだから、対象魚が釣れたときの一匹の価値があるのだと思う!

今回は久しぶりの釣行だったので、長々と書いてしまった!

読みづらかったらごめん(笑)

次はいつ行けるか予定がたってないが!

その時までご機嫌よう(笑)

 

すべてのアングラーにステキな出会いがありますように!