読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿やってるときが一番幸せ

馬鹿なことやってる時って幸せですよね!仲間とかと馬鹿騒ぎしたり!自分の打ち込める事をやったり!ここではバスフィッシングやエリアトラウト、テンヤ真鯛や、ライトショアジギングについて書き綴っていこうと思ってます。よかったら立ち寄って見てください!

10月20日 岩和田港長栄丸チャレンジ

皆さんこんにちは!どうも僕です!!

今回は関東地方では珍しい、タイラバ専門船(タイラバ・マイクロジギング船)の長栄丸さんにお邪魔してきました。

当日の情報によると、前日の釣果は4人中3人がオデコと言う状態だったみたいです!

本日は俺と常連さんの二人でした!

ここの長栄丸さんは一人から出船してくれるので、ピンで行くときは良いかもしれませんね!

また、確認したところ一つテンヤは完全に禁止だそうです!エビがそこに落ちてしまって

鯛がタイラバに口を使わなくなってしまうかららしいです!

 

5時船宿さんに集合、俺は3時半にはいました(笑)でもね、船宿の待合室が分からなくってウロチョロしてました!

船宿で会計を済ませ、さて準備と思っていたら船宿に停まっている軽に荷物を乗せるとのこと!イソイソと荷物を乗せてウニウニしていたら、常連さんが、声をかけてきてくれた(笑)

どうやら、車は船宿駐車場に停めて歩いて船着き場(港)まで歩いて行くらしい(笑)

まぁそんなに離れていないしいいか!

常連さんに連れられて船着き場到着!

はい!こんな感じ!!
f:id:zig-hiroking:20161022004152j:image

この船の大きさはとみ丸さんと同じぐらいかな!

 出船後15分位の航行でポイントに到着!

水深15~18mのポイント、どうも俺の中でのタイラバとなると最低でも、30m位はあってもいいかな?みたいな感覚だったので、それはそれで新鮮だった(笑)

と、言うよりどうなんだろ?という気持ちだった(笑)

普段、その水深なら間違いなくテンヤでのアプローチエリアだし、有利だと思う。

そもそも、タイラバの利点を生かしきれないのではないだろうか!?

ただ、ここの特徴としては、片側のみにアングラーを乗せ、どてら流しでやるらしい!

長栄丸さんの最大の特徴だと思う!

 

俺はタイラバ用リールはローギアを使っているから正直巻き取り量はそんなに多くない、それでも垂直下でのアプローチだと・・・・・・など、考えながらアプローチ開始、当然ベイトリールでのキャスティングタイラバ!

メタルトップのタイラバロッドはしかし投げずらい(笑)自分の持っている一番軽い40gではあるが、投げずらい!

そうそう、たまに乗船している船頭さんやお客さんに言われるのだが、

『両軸リールでよくそこまで投げられますね?』って(笑)

『俺、バス上がりなんで(笑)』

そもそも、ベイトキャスティングモデルというぐらいだからベイトリールはキャスティングアビリティの高いリールと言えるのではないだろうか?

確かに遠投ではスピニングの方が向いてるかもしれないが、ある程度のウエイトのあるかつ、水深のある所ではベイトの方が何かと便利だと思う。だから、キツネマークの色男はベイトテンヤなどのジャンルを切り拓いていったのだと思う。

まぁ何を隠そう俺はテンヤを始めた時に既にベイトテンヤの可能性を確信していたのだがな(笑)!約3年前に始め、テンヤロッドを購入後すぐに、ベイトでのテンヤをと色んな人にきいたのだが、基本的に相手にされず・・・・ならばと、ティップが折れて使っていなかったテムジンガゼルというバスロッドを改造してベイトテンヤロッドを作ってしばらくはそれも使っていたし・・・・今では平気で売っているから、持っている人も見かける!だから持って行かなくなったのだ(笑)

おっと!だいぶ脱線した(笑)

朝一のエリアはササ濁りいかにも釣れそうな気がする!前日はここもドクリアだったそうだ!最初のポイントではアタリ無く直ぐ小移動、次のポイントに着いて二投目!着水後直ぐ違和感がありこれは?と思い、着底後アーリーアプローチ!

二巻き目ぐらいでタイラバ特有のあたりではなくカッさらう様なアタリで、いきなり乗った(笑)それが1kg強の真鯛!(長栄丸さんに写真撮ってもらったがまだアップされていないので写真がない(;´д⊂))

それからちょいちょいアタリがあるが乗らない?

ん?よく見るとラバースカートの本数が減ってるし(笑)ネクタイがズレでバランスがオカシイし(笑)

完全にジャリが突っついてんな(笑)みたいな感覚!ならばと、それを確信に変えるには釣るしかない!!フックサイズを落とし、スカートの長さを変更!ちょっと短めのやつにした!しばらくしてアタッた!ブラックバスのコバッチの様な雑なアタリ(笑)

そしてタイラバ特有のアタリ!ここぞというタイミングでフッキング!出てきたのはやっぱりこのサイズ(笑)

15cm位の真鯛(笑)これについても写真が・・・・ツイツイ撮り忘れてしまう!

俺はきっとブロガーに向いていないんだと思う(笑)

 こいつはリリースしました!フックとスカートを元のやつに戻し再開!小さいやつを釣っても可哀想だし・・・・

そうしているうちに、ポイントを色々移動しながらやっていった!

一応水深30m位のポイントもやったが、ここはドクリア(;´д⊂)

底が見えるんじゃないの!?って位クリアでした(笑)

1.2投ぐらいで元の浅瀬に戻りました。

 

俺のタイラバに反応してくれるサイズだけをと思いやったものの、どうやら常連さんはキーパーサイズ、リリースサイズ問わず釣れている様子・・・・

中乗りさんも、同様にポチポチ釣れている!中乗りさんに至ってはイナダ?がソコソコ掛かっている・・・・

確かに二人とも活性は低いと口を揃えているものの、釣ってはいる!

さすがは常連さんと、中乗りさん、知っていると言うのは強い!アジャスト出来ていないのは俺だけのようだ・・・・

どうやら、長栄丸オリジナルタイラバを使っているようなのだが、やはり、現場でたたき上げられたその土地にあったタイラバがあるって事なのだろうか!?

単純にカラーの差だけだろうか!?

俺は赤ヘッドに赤/クリア(ケイムラ)スカートの俺オリジナルタイラバからスタートしていく事が多い!

何となく赤系に信頼があるのだ!

後から聞いた話だが!どうやらここの真鯛はオレンジ系がお好みらしい!

 

そうこうしているうちになんとか赤クリアタイラバで、キーパーサイズが入った(笑)

やはり、アタリは多数あるものの乗らない!

サイズだけの話なのだろうか!?

巻き方、スピードを変えながら色々試したがそれが釣果に直接つながらない!

それこそ、オレンジ系のスカートもやったが・・・・・🙌です・・・(笑)

 


f:id:zig-hiroking:20161023073440j:image

どうやら、この日の最大サイズがこの子だったみたいです!

釣果をしっかり出すには、常連さんや中乗りさん、船長さんに情報をもらうのが間違いないですね!予約の電話入れるときに一度聞いておくのがいいと思います!

お店的には親切な船長と中乗りさんでした!

なんかアットホーム的な感じがあり、へんな気遣いもなく釣りが出来ました!

あと、一つだけ言えるとしたら、一度行けば分かるのですが、待合室がどこだか分からなかったり、駐車場がどこなのかとか、待合室の釣り座用のマグネットは持っておくのかとか、細かいところで最初ウダウダすると思います!

この記事の最初方でも書きましたが、長栄丸さんの最大の特徴は片側のみのどてら流しにあると思います!

本来なら14人乗れるとしても、片側のみならその半分しか乗れませんからね!土日祝日は予約しないと乗れないみたいですよ(笑)

俺は平日勢だから、大体が、悠々と釣りをしてますね(笑)

 

今回はこの位にしておきます(笑)!

また次回、釣りに行ったら報告書書かせていただきます(笑)

全ての釣りを楽しんでいるアングラーに何か一つ良い出会いがありますように!