読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿やってるときが一番幸せ

馬鹿なことやってる時って幸せですよね!仲間とかと馬鹿騒ぎしたり!自分の打ち込める事をやったり!ここではバスフィッシングやエリアトラウト、テンヤ真鯛や、ライトショアジギングについて書き綴っていこうと思ってます。よかったら立ち寄って見てください!

グロ画像あり(笑)!閲覧注意~そして解体へ

皆さんこんにちは!どうも僕です!

今回は 真鯛を捌いた所を載せてみました(笑)!

早速行ってみよう!


f:id:zig-hiroking:20161111202752j:image

うちの台所にいらっしゃい!

時刻としては23:30(笑)

すでに、26時間位起きてる(笑)

 

真鯛を捌くに辺り注意が必要です!

当然刃物を使います!

刃物の取り扱いには十分注意してください!

本文中にも注意書きを入れておきます!

 

早速いきましょう!

 真鯛を捌く手順

 

1.お腹を裂いて内臓を取り出します!

 

2.鱗を取り除きます!

 注)この時気張り過ぎて勢いよいやると真鯛の 背びれとかに指が刺さり流血騒ぎになります(笑)

生きている真鯛は顎の力が凄く強いので、バス持ちは絶対してはいけません!

真鯛は実は全身凶器なのです(笑)

俺の友達は 鱗を取り除く際に指の関節に上手く刺さって中で折れてしまってオペして 取り除いたそうです!まだ、指が曲がらず釣りに行けていないとか・・・・・

 

3.頭を落とします。

注)真鯛の背骨は 非常に強硬です!刃物を入れる際注意してください。関節に入れると以外とすんなり落とせますので、無理やりやらない方がいいかもね(笑)

 

4.3枚に卸します!

 詳しくは インターネットで調べれば画像付きであります(笑)

 

5.皮引き

 

6.肋骨、中骨を取り除く!

そうしたらいわゆる サクと呼ばれるものになるんですねぇー!

 

はい!こんな感じ!!


f:id:zig-hiroking:20161111202954j:image

綺麗に3枚になりましたね!

 

続いて!こうなります!
f:id:zig-hiroking:20161111204631j:image

はい!これが

皮引き後ですね!!

ここで!ワンポイント!

さっきは鱗を取り除く!と書きましたが、俺は鱗は取りません!

何故なら ・・・・・鱗は飛び散って片づけが大変なんです(笑)

ペットボトルの蓋でやれば相当抑えられますが、後処理が大変!

更に!鱗があった方が皮引きが やりやすいんですよ?

もし知らなかったら試してみて!

 

 

そして、中骨、肋骨を取り除き、なんだかんだ手を加えて、 ウダウダ時間を無駄遣いしながら出来た物がこれ!!

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:zig-hiroking:20161111204915j:image

はい !!

刺身(笑)

美味しそうでしょ?

 

手順飛びすぎとか言わない!

手がペタペタなんだもん!写メなんかとれないっつーの(笑)

 

今回はこれを葉ネギとポン酢ていただこうと思います(笑)!

 

真鯛に限らずお魚さんは  釣って捌いてから2~3 日寝かした方が美味しくいただけます!

釣ったその日は歯ごたえがあるだけで味としては若い んですねぇ(笑)

俺なんか木曜日に釣ってその日に捌いて食べるのは土曜日かな(笑)!

ちゃんと寝かしてからが美味しいのよ(笑)

ヒラマサやワラサ、カンパチなんかもそうなのよ(笑)!